DOG・BELL BLOG

犬を本当に癒せるのは飼い主さんです。
犬も、飼い主さんも、ハッピーでいられるお手伝いをします。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

熊野那智大社

昨日久しぶりに日帰り旅行に行ってきました。

昨年5月に熊野本宮大社に行きましたから
今回は那智大社と那智の滝、そして速玉大社を周りました。

車で240キロの旅はけっこう日帰りはきついですが
お天気も良く、登山(?)日和。

世界遺産の美しさ、清清しさ、迫力の滝、どれをとっても絶景で
滝を眺めていると帰るのを忘れるほどでした。

夕方には那智勝浦の温泉に入り、
17時に那智を出発すると高速道路はなんと25キロの渋滞。
時間をずらせば渋滞も回避できるかなと
高速まではのんびり走り、夕飯は安濃のインターでゆっくり食べ、
そうすると21時ごろには渋滞もすっかり解消されていました。

とってもリフレッシュできた1日でした。
ありがとうございます。(^^)
旅行 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

伏見稲荷神社と八坂神社

日付は変わっちゃいましたが
今日は1年に1回行っている「伏見稲荷神社」へ行ってきました。

いつもは午前中に行くのですが今回は午後に着き、
車を降りると修学旅行生だらけ・・・。

学生をかき分けて登っていくと
モヤモヤしていた気分がスッキリさわやかに晴れ渡りました。
いつも山頂ではパワーをいただけます。

山頂まで登って降りてくるまでに2時間くらいかけますが
毎回新たな発見があって驚いています。
なんで前回気づかなかったのかなと・・・。

そして前回あってもう一度行きたい場所が今回は見つからないなど
それも楽しいアクシデントです。
ラッキー

そのあとは高台寺の前のねねの道を通って八坂神社へ。
八坂さんに行くのはいつも提灯がつく時間帯になってしまうので
お守りやおみくじは引けなかったのですが
今回はギリギリ間に合ってお守りを買ってきました。

今年は「源氏物語千年紀」ということで
今年だけ限定の「恋運の栞」という
干支ごとのおみくじ(?)が置いてあって私も買ってきました。

今年だけですので祇園周辺に行かれる方はぜひ
買ってみてください。
けっこう当たっている・・・かもしれませんよ。
ラブラブ
旅行 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

正伝寺

今日は幼稚園・小学校・中学校・高校とず〜っと一緒だった悪友と
京都へ日帰り旅行に行ってきました。
電車
「京都」とだけ決めて行ったのでとりあえず案内所へ。
「あまり人がいなくてのんびりできるところ」を聞くと
洛北の「正伝寺」をすすめられました。

たまにはそんな旅行もいいかなと思い、聞いたとおりに「正伝寺」へ。
竹林を通り、美しい景色の石段をあがっていくと
そこは静寂を感じさせるお寺でした。
ニコニコ
廊下に赤い絨毯が敷いてあり、そこに座って庭を見ます。
「獅子の児渡し庭園」といい、
比叡の霊峰を取り入れた借景式の庭園で景色は絶景です。

真っ青な空に真っ白な雲、霊峰と近隣の深い緑の木々、
真っ白な塀と緑の枯山水と本当に美しい色です。
1時間くらいは見ていたでしょうか。

花
でもここは美しいだけではありません。
その廊下の天井は「血天井」と言います。
関ヶ原の戦いの直前に徳川方の武将以下、
千数百人余が割腹した廊下の板を天井としています。
京都市内にはその板を天井としているお寺がいくつかあるそうです。

見上げると確かにその跡がわかります。
あまり詳しく書くのは控えますが
ガイドの方が、功績をたたえて(供養という意味も)
床ではなく「上」にもっていったのだと教えてくれました。

それにしてもここの景色はすばらしいです。
京都でのお気に入りの1つとなりました。

玄関には暑さでぐったりしているラブラドールもいます。

16日は大文字焼ですが、
その中の「舟形」の下あたりにこのお寺はあります。


旅行 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

熊野古道

一度は行ってみたいと思っていた熊野古道。
いつかは・・・と漠然と思っていたのですが
地図を見ていたら「白浜からなら近いじゃない」と気付いてしまい、
思いつきで行ってしまいました。
たらーっ
しかも大雨。
雨
でも道中はたくさんの発見がありました。

野うさぎが出てきて追いかけっこをしたり、
標識で「名水」がある事を知って汲みに行ったり、
引き込まれそうな滝をみつけたり。

熊野の静寂な山々に囲まれた時は
エネルギーが満ち溢れてくるような感覚を覚えました。

本宮をお参りした後は
少し足を伸ばして、十津川にある玉置神社へ。

傘を持っている意味もないほどの雨でしたが
山道を登っていくと見事な杉の木が迎えてくれました。

道中、落石注意の標識がとても多くて
下山するときは、行きよりも確かに石の数が多かったのが少々怖かったです。

さて、そんなエネルギーを補充した旅もあっという間に終了してしまいましたが
熊野古道もまた行きたいと思います。
さぁ、仕事を頑張らなくっちゃ。
ニコニコ

旅行 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

白浜の夜

温泉街の夜は早いです。
観光スポットは17時で終ります。
早めに夕飯をとることにし、地元の割烹料理屋さんへ。
カウンター席にドキドキしました。ディナー

そして地元でも美味しいと言うケーキを買って宿泊場所へ向かいました。
ケーキ
部屋の窓から外を見ると真っ暗です。まぁ山と海でしょう。
さっそく露天風呂へ行くと、やはり景色は真っ暗。
明日の朝に景色を楽しむことにして
ピアノの弾き語りのあるラウンジへ行きました。
ビール
マニラ出身のピアニストがリクエストに応えてくれます。
リクエスト一覧を見ていると懐かしいジャズナンバーが揃っています。
私は「マイ・フーリッシュ・ハート」をリクエスト。
ノスタルジィに浸りながら就寝。

翌朝、大雨だったのですが露天風呂へ行きました。
そして景色を見てみると・・・
「ん?・・・何か動いている・・・ゾウ?・・・」
そう、隣はサファリパークでした。
その向こうには滑走路があり、そのまた向こうには海がみえました。
そりゃ夜は真っ暗ですよね。
獣たちの声を聞きながらの露天風呂は一味違う楽しいものがありました。

白浜に来て思ったのは、温泉がいいのはもちろんのこと
食べ物が美味しいラブ

車で5時間かかりますが
また来たいと思わせてくれた白浜でした。
崎の湯には絶対にまた入りに行きます。



旅行 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

白浜温泉

24・25と白浜温泉と熊野古道へ行っていました。
しばらくお休みというお休みがなかったので
思い切って連休を作りました。

今日は白浜温泉のことを書きます。

とにかく海がきれい。
こんなにエメラルドグリーンの海は久々に見ました。
同じ太平洋でも、伊勢志摩の海とはまた違いますね。
晴れ
白浜では円月島〜千畳敷〜三段壁とまわり、崎の湯へ行きました。
円月島はお昼と夕暮れと2回行きましたが曇っていて
円の中に夕日を見ることは出来ませんでしたが
不思議な島です。
円月島といい千畳敷も三段壁も自然の力の不思議さ、厳しさを感じさせられます。

崎の湯は日本書記にも書かれているという、
日本最古の温泉の1つと言われるほど由緒のある温泉です。
温泉の表に立て看板があるのですが
その昔、持統天皇や天武天皇も立ち寄られたとか。
歴史を感じながら入るのもいいですよ。
温泉
「崎の湯」と検索をするとその写真も見られますが
3つの湯船に分かれていて
一番上はおそらく40度以上の熱いお湯、
真ん中は普通の温度の温泉、
一番下は人肌くらいのお湯、
そしてその下には海があり、
自然と一体化しているような気持ちになります。

気持ちよく外に出ると
地元のラジオの取材に出くわしました。
いつの日か私の声が聞けるかもしれませんよ。
ポッ


旅行 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)