DOG・BELL BLOG

犬を本当に癒せるのは飼い主さんです。
犬も、飼い主さんも、ハッピーでいられるお手伝いをします。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< お泊り保育 もちろん犬の! | main | 突然死 >>

佐渡裕さんのオペラ「カルメン」

今日はスコールのような降り方でしたね。
雷も激しかったですね。
名古屋で聞いたときは落ちたような音でした。

さて、1年ぶりに佐渡裕さんの音楽に浸ってきました。
今日はオペラ「カルメン」です。

オペラは大学時代に「蝶々夫人」を見て以来です。
あまり面白い印象がなかったので足が遠のいていましたが
今日のオペラは本当に楽しかった、面白かった、です。

演出によってずいぶん舞台や演技の表現方法が違うとは思いますが
けっこう大胆な表現もあり、色の照明も効果的に使われ、
演劇やミュージカルを見ている錯覚に陥りました。

しかし、オーケストラの聴きなれた音楽がしっかりクラシックを
意識させていました。

今まではオペラ「カルメン」の名曲を
バラバラで演奏をしたことはありますが
通して聞いたのは今回が初めてで、
ストーリーが見えると音楽の理解力が違ってきますね。

そしてカルメンがこんなに奥の深い内容だったとは知りませんでした。

カルメン役のステラ・グリゴリアンさんの妖艶で奔放な美女役が
とても素敵にハマっていて、
私のカルメン像は決定付けられてしまいました。

しかも一声歌うだけで主役の声なんですよね。
ハリがあって美しい歌声。

最後のシーンの潔さや貫禄もとても魅力的。

こういった芸術作品においては久しぶりに感動の涙がこみ上げてきました。

そうそう、佐渡さんの指揮ももちろん見ごたえありました。
佐渡さんを真横から見る席で、「題名のない音楽界」での映像そのまんまでした。

特に「闘牛士の歌」は聞き応えも見応えもありました。

オペラがいいのか、佐渡さんがいいのか、歌姫がいいのか、
次回も佐渡さんでオペラを上演してくれないかな。
オペラにハマりそうです。

芸術 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.dog-bell.com/trackback/1227494
この記事に対するトラックバック