DOG・BELL BLOG

犬を本当に癒せるのは飼い主さんです。
犬も、飼い主さんも、ハッピーでいられるお手伝いをします。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 日本愛玩動物協会 高齢犬猫ケア講習会 | main | 佐渡裕さんの指揮 >>

避妊手術

犬を飼って1度は「避妊・去勢」手術について考えるのではないでしょうか?
JKC関連ではあまり薦めていません。
優良家庭犬/JAHAなど陽性強化のしつけ方をしている人達は薦めます。

私も避妊去勢は人間社会で暮らすためには
犬がストレスを感じなくなると考えていますので薦めますが、
最終判断はもちろん飼主さんですから無理には薦めません。
メリットとデメリットをお話します。

女の子には1度シーズンがきてからの方がいいという説と
くる前の方がいいという説があります。
パピヨンとTプードルは7年前に、
1度シーズンを迎えてから避妊手術をしました。

ボーダーの場合は、昨日避妊手術を受けてきました。
6ヶ月です。
日帰り手術でしたので、昨夜から自宅で静養しています。
普通に歩いて、食べています。

これでホルモン系の病気をかなりの確立で防げるという期待が持てます。
生殖器の病気は高齢になるとかなりの確立で発生するそうで
体内にある臓器はよほどのことがないと飼主は気づきません。
気づいたときは末期だったりします。

若い体力のあるうちの手術と
高齢の体力がないときの治療とでは
犬にかかる負担は全く違います。

理由あってしていない人はいいんです。

全く考えていないという方々、
かわいそうとか、面倒とか、お金がかかるとか、
一度真剣に愛犬の一生について考えてみて欲しいです。

| permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.dog-bell.com/trackback/849585
この記事に対するトラックバック